はしろう日記

プチ健康オタクで、気になることにすぐ突っ込む性格です。

~食品添加物の危険性~ 亜硝酸ナトリウム(亜硝酸塩)

f:id:tatsu1504:20180918201034j:image

みなさんは普段、食品添加物を気にしていますでしょうか?

「日本の食べ物は安全だから大丈夫でしょ!」

「美味しければとくに気にしない。」

「そもそも食品添加物って危険なの?」

こういった意見がよくあります。

しかし知っておかないと、後々後悔することになるので、少しでも学んでおきましょう!

 

目次

 

亜硝酸ナトリウム亜硝酸塩)とは

簡単に言うと、「発色剤」や「保存剤」としての働きをしてくれます。具体的には、食品の色を良くしたり、ボツリヌス菌の増殖を抑制したりします。

亜硝酸ナトリウム亜硝酸塩)の危険性

極めて毒性が強く発がん性物質に変化することが懸念されています。

WHO(世界保健機関)の調べによると、この亜硝酸ナトリウムを過剰に摂ると、『大腸がんになる可能性が高まる』と発表されています。

それは、亜硝酸ナトリウムと、肉や魚に含まれるアミンが化学反応を起こして『ニトロソアミン』という発がん性物質に変化するのが原因です。

日本人に胃がんが多い理由の一つに、そのニトロソアミンが原因ではないかといわれているほどです。

 

亜硝酸ナトリウム亜硝酸塩)を使った食品

  • ハム
  • ソーセージ
  • ウインナー
  • ワイン
  • 明太子
  • たらこ製品

 

最後に

「いくら危険とはいえ、規定量内ならば安全だろう」と考える人も多いと思いますが、決して安易に考えてはいけません。

たとえ少量でも体に蓄積されていきますので、極力とらないという選択をするのがベストです。

無添加のハムとかないかな~」とか

「たまには自分の体に気をつかって、食品の成分表示をみてえらんでみるか!」など

ちょっとした心がけで健康的な生活をすごすことができます。

ぜひ、食品添加物と上手に付き合っていってください!

 

読んでいただきありがとうございました。